不要車の買上というのは月賦終了前の場合でもいいんでしょうか?理解しておきましょう

古い車の買い取りのお店に診断をして頂いたのはいいけど、ローンを払いきっていないなどの場合もある筈です。そんなケースだと、その売り払いたいu-carの所有権が自分になっているのか他の人なのかどうかまずチェックしておくことが必要となります。

ホントのところ、持ち主に関してなにを確認したら良いのかというと、「自動車検査証」に記入された氏名が使用していた自動車のオーナーとなるワケです。

今の自動車を購入したタイミングで銀行等が提供する分割払いを契約した際は、こちらの「自動車検査証」に載っている名前が自分の氏名になっていると思うのですが、自動車ローンを設定したのがクレジット会社などの場合だと名前が信販会社の記載となっている訳です。信販系で分割払いを組む場合なぜこんな風にクレジット会社を所有者として登録してるのかと言えば、その理由としては返済が滞納されたときに、ただちにそのおくるまを担保という形で確保できるようにするためです。

そうしたわけで持ち主名義がローン会社にある時にはそちらの愛車を勝手に売却はできないのです。とにかく売りたいならとりあえず返済を完全に終了させるか月賦の組み替えをしてオーナーをご自身に変えた上で売り払う必要性が出てきます。とはいえ実際にそうした手続きができるのは現在お手持ちのお金がたくさんある時という事に限定されます。ではお金が足りないならどんな方法を取るのがいいのでしょうか。

こうしたケースでは格付けをやって頂いた中古自動車買い取りのお店に事情を話すと、不要車の売値から残った返済分をキレイにし、オーナーをご本人の氏名に変更して頂くことができるというワケです。手続きについてもすべてお店の方に任せることができますので問題ないです。