中古の車の引き取りのお値段に修復歴はどのように関係してくるのか見ていきましょう

古い自動車の売却を依頼したケースだと、まずは審査を受けることとなります。そうした時の評定については買取ショップの査定士するわけですが、車マーケットの値段などから金額がはじき出されるといったものになります。

たいてい中古車のとして売られている値段の20~30%位が売却価格となっているようですが、売れ筋の車であったり、珍しい車でしたり等のさいには高プライスが付くといった場合もあるようです。その他、製造年は新しい方がやっぱり高額となります。一方でそのような買取り価格はその使用済みの車が問題ない状態であり、パーフェクトじゃないときは低い査定となります。とりわけ修復歴は買取の値段に相当影響してきます。

修復歴といっても定義があいまいですが、基本的にお車の骨格であるフレームの部分にまで及ぶような事故を経験してしまった車両は事故車として扱われます。こういった事故歴のある車は将来的に何かマイナスの影響が出てしまうという危険性が存在するので、見積においてはダメなものとされてしまいます。その一方、フレームの方にまで影響がなく、外装を直した程度なら問題ないのですが、でも修復歴が付くことになります。

無論、修復歴は付く訳ですから良くない影響がありますが、事故車に比べて低く査定されることは考えられません。ほかにも、変速機やエンジンなどに問題が出ている場合もマイナスとして審査されますし、通常の維持管理の状況が見積金額に関わってきます。

そのへんは傍目には気づかない所ですが、格付けをする会社としてはキッチリその部分も確認してくる筈です。

どちらにせよ修理した痕跡が無いことが自分のクルマのプライスを上げられるかどうかの分かれ目となります。