使っていた車の引き受けの金額に修復歴というものはどれくらい関わってくるのでしょうか

使用した自動車の買取りに関して頼んだときは、とりあえず審査を受けることになります。その際の格付けの方は買取専門ショップのスタッフがすることとなり、車市場の相場などから計算されるといったわけです。

普通はマイカーのとして売り出されている金額の20~30%くらいが買取の値段と言われていますが、人気のくるまだったり、珍しい車種であるなどの際には想定外の高値が出る場合もあるようです。その他、製造年が新しい方が当然高額査定となります。一方でこうした見積金額はマイカーが万全な状態のときであって、そうじゃないケースだと値踏みは厳しくなります。その中でも事故歴等になると査定額に結構響きます。

事故歴とは言っても定義は曖昧ですが、基本的に車の骨格であるフレームの部分まで及ぶようなアクシデントをしてしまった車両は事故車となってしまいます。こうした事故歴のある車はそのうち何がしかの悪影響が出てくるかもしれないという危険がありますので、見積もりについてはダメなものとなってしまいます。他方、フレームにまで問題がなく、外見を直したくらいだったらならないのですが、修復歴が付くことになります。

もちろん修復歴は付くわけなのでマイナスの被害は有るのですが、事故車よりも安い見積りになることは無いです。また、エンジンや変速機などに不具合が出ているときにもマイナスとして見積もりされますし、常日頃の維持管理の良し悪しが見積に関わってきます。

このへんは私たちには分からない部分ですが、見積りをしている専門会社の方ではキッチリとそのあたりも見てくるでしょう。

どちらのケースでも修復歴としては存在しないことがマイカープライスを上昇できるかどうかの分かれ目となってきます。