私の愛車は事故歴が

私の愛車は事故歴があって、その時点でフレームを直して頂いていて、正確に言えば修理歴ありというワケです。
しかし、サっと見た感じだと事故やリペアの痕跡はわからないです。
おみせに審査を依頼する際にお直ししたことは申告しなくてもいいのでしょうか。

それで後日減額を求められても不快でしょうし、その結果訴えられるリスクさえあります。
その類の可能性を考慮すると、事故・修繕歴は全て伝えておくのがいいと思わされました。

クルマを買取店で処分するときに、名義人ではないけれどOKなのかというお尋ねは思いの外多いです。
クルマの所有者(名義人)が自分じゃなかったら、名義人の印鑑証明を揃えてもらい、実印を押した売却委任状及び譲渡証明書があれば代理人契約ということで売却可能となります。
記入要件があるため、インターネットでDLすると良いでしょう。
また、そのクルマの名義がもし信販会社でしたら、売り出すことは不可能ですので、割賦を支払いし終えて個人名義(所有)に戻せば売り渡すことが可能です。

たまに聴くのは、クルマの買い取りに関するトラブルです。
これに関しては、決して他人事ととらえるわけにいきません。
マイカーを売りたい人なら誰だって当て嵌まる可能性大なのです。
そうならないように、クルマを売却する時には、買い取り店が十分に安心できるような実力があるかどうか、かつ、評価を重視した方がいいですし、特に契約項目のチェックはちゃんとするべきです。

いったん買取を依頼した後、取り消ししたいという場合、取り交わしから日が経っていないとすれば、タダで解消してくれるところも相当あるでしょう。
しかし、オークション登録や名義変更といったステップに進む前、まだ売り先が決定してない時など、必須条件(他人に要求する時は多く、自分に要求される時には少なくと考える人が少なくないでしょう)が少々あるため、契約時に、取り消しの要件や適用期限を忘れずチェックしておくようにすべきです。
取り消しに関して無駄なトラブルを起こさないためにも、熟考してから取り引きすることが大切です。